うつ病チェックシートで早期発見!【症状が悪化という前に病院に】

サイトメニュー

自宅でも確認できる

看護師

最終的には専門家へ

いつもよりも暗い気持ちになったときに、うつ病かもしれないと感じても、初めての経験ならば病気かどうか判断することは難しいでしょう。しかし、メンタルクリニックに訪れて、『専門のドクター診てもらうこと』のハードルが高いと感じる方も多いはずです。もしも、メンタルクリニックの利用を迷っているなら、まずは自身一人で行えるうつ病のチェックを試してみましょう。現在では、インターネット上でチェックできるため、わざわざ書籍を購入する必要はありません。なお、チェックをする場合は、個人が公開しているものを利用するのではなく、医療機関が責任を持って公開しているものを使う必要があります。もちろん、個人のホームページでも正しい情報を載せているところはたくさんあります。しかし、一部には古かったり正しくなかったりする情報が載っているので注意しなければいけません。つまり、医学知識がないのなら個人のホームページの情報の正否が分からないので、信頼できる医療機関のホームページのコンテンツを活用しましょう。そのコンテンツでうつ病の可能性が高いという結果が出たのなら、メンタルクリニックに訪れて、実際に診断してもらいましょう。ただ、可能性が低いと出ても、暗い気持ちがつらく感じるのなら、メンタルクリニックのお世話になるべきです。もしかすると、うつ病ではない病気の症状でつらい気持ちになっているかもしれないので、専門家に判断してもらいましょう。ちなみに、うつ病なら精神科でも心療内科でも診てもらえるため、どちらにするか迷う必要はまったくありません。医療機関が公開するうつ病のチェックは、結果を印刷できるようになっているものがあります。その結果は、ドクターが参考にできるものなので、メンタルクリニックに訪れるときに持っていくとよいでしょう。なお、チェックを公開している医療機関のホームページは、いくつかありますが、すべてが結果を印刷できるわけではありません。そのため、話をスムーズに進めたいのなら、印刷に対応しているところを選ぶことをおすすめします。ついでに、余白に自分の気持ちを書いていけば、ドクターに焦ることなく症状を伝えられるでしょう。そして、つらい気持ちを伝えれば、的確な診断をしてくれるので、うつ病かどうかハッキリとさせることができます。もしかすると、ほかの病名を告げられるかもしれませんが、どのような病気であっても、完治させるための治療を開始してくれます。なお、メンタルクリニックを利用するときに、持っていかなければいけないのは、保険証とお金くらいです。うつ病と診断されたのなら、保険証で治療費の負担を減らせますので忘れずに所持しましょう。ちなみに、個人経営のメンタルクリニックでは、現金のみの支払いにしか対応していないケースが多いです。従って、クレジットカードしか持っていないのなら、現金を下ろしてから通院しましょう。ちなみに、メンタルクリニック自体がクレジットカードを使えたとしても、薬局が対応していない可能性もあります。その場合は、別途現金が必要になるので、クレジットカードの利用が可能だとしても、薬代に間に合うくらいの現金は持っていくことをおすすめします。

Copyright© 2018 うつ病チェックシートで早期発見!【症状が悪化という前に病院に】 All Rights Reserved.